Webアクティビティ

2020.03.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webアクティビティとは、「ユーザーがWeb上で行った行動のこと」です。WEBアクティビティを計測することでニーズやビジネス課題を推測することができます。Webアクティビティの把握方法と活用についてご紹介します。

Webアクティビティとは

Webアクティビティとは、「ユーザーがWeb上で行った行動のこと」です。

具体的には、フォームアクション(お問い合わせ・資料請求・ホワイトペーパーダウンロード等)とWebサイト上の閲覧行動(どのページを見たのか・滞在時間など)などがあります。BtoBマーケティングにおいては、導入検討をする際には、Webサイトにおける情報収集は一般的になっており、こうしたWebサイトにおけるユーザーの行動履歴をもとに、ニーズやビジネス課題を推測することが大切です。

Webアクティビティを把握・増加させる方法

Webアクティビティをもとにしたニーズ・課題の把握方法

こうしたWebアクティビティデータからユーザーのニーズ・課題を把握するためには、ニーズや課題を把握しやすいWebコンテンツを準備しておく必要があります。

製品情報ページを見ているとしても、そのユーザーが「製品に対してどのようなニーズを持っているのか?」「どのような目的で見ているのか」「どのような検討フェーズにいるのか」を把握することは困難です。こうした状態を把握しやすい、Webコンテンツページをしっかり準備することが大切です。

Webアクティビティを把握するためにはMAを活用する

こうしたWebアクティビティを把握するためには、マーケティングオートメーションツール(MA)の活用が欠かせません。ユーザーがWebサイトに訪れ、情報収集を開始したタイミングを把握できる環境を準備していきましょう。

MAツールをはじめBtoBマーケティングで活用できるマーケティングツール

お問合せ・資料請求・
見積もり依頼

BtoBマーケティングに関して
お気軽にご相談ください。

お問合せ・資料請求・
見積もり依頼

お電話でお問合せ
03-5312-6833
平日9時〜18時