MA(マーケティング・オートメーション)

2020.03.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MA(マーケティング・オートメーション)とは、獲得したリード属性や行動を可視化し、マーケティング施策の一部を自動化するものです。

MA(マーケティング・オートメーション)とは

MA(マーケティング・オートメーション)とは、獲得したリード属性や行動を可視化し、マーケティング施策の一部を自動化するものです。マーケティング施策全般を自動化するもの、リードジェネレーションが行えるものという解釈がありますが、これらは拡大解釈された故の間違いであるといえます。

Webアクセス履歴の把握でニーズが顕在化したタイミングを逃さない

BtoBマーケティングにおいては、見込み顧客に対して、「ニーズを軸にしたコンテンツを、最適なタイミングで、効率的に届けること」を目的に利用されること大切です。そのため、よく活用される機能として、「メール配信・レポート機能」や「Webアクセス履歴」などがあります。

メール配信では、リードを事業や企業規模でセグメントし、ニーズや課題を推測し、コンテンツを配信することができます。また、アクセス履歴とリード情報を名寄せし、「誰が・どのページに・どのくらい滞在したか」を把握することもできます。これらを活用することで、見込み顧客の行動を効果的に促す施策を打つことができ、CV数増加が見込めるでしょう。

「MA×オウンドメディア」を有効活用し、マーケティングリードを増加させましょう。

ツールだけ導入しても成功はしない

MA(マーケティング・オートメーション)ツールは、BtoBマーケティングにおいて有効なツールといえますが、導入しただけで成功するわけではありません。使いこなすためのマーケティング人材も必要ですし、どのように活用するのか、という目的やガイドラインを予め準備して導入・運用していくことが大切です。
以下のMAを活用したメールマーケティングやインサイドセールスに関する記事も是非ご覧ください。

<MAを活用したマーケティングに関する記事>
MAを活用したインサイドセールスとは?進め方とポイント解説
「メルマガは嫌われる」は間違い。BtoB企業に有効なメールマーケティング

お問合せ・資料請求・
見積もり依頼

BtoBマーケティングに関して
お気軽にご相談ください。

お問合せ・資料請求・
見積もり依頼

お電話でお問合せ
03-5312-6833
平日9時〜18時