BtoBマーケティングの進め方とTODO BtoBマーケティングの進め方とTODO

Webアクティビティを
増加・把握する

「MA×オウンドメディア」を有効活用し、
マーケティングリードを増加させましょう。

6ヶ月間でWebアクティビティを
増加!

MA×オウンドメディアの有効活用法

BtoBマーケティングにおいて大切なことは「ニーズが顕在化するタイミングを逃さない」ことです。本資料では、MA(マーケティング・オートメーション)とオウンドメディアを有効的に活用することで、Webアクティビティを増加させ、商談を効率的に作り出すための方法とポイントをご紹介しています。

資料詳細・ダウンロードはこちら

BtoBマーケティングに欠かせない
Webアクティビティ」の活用

導入検討プロセスにおいてWebサイトを活用した情報収集は一般的になりました。
こうしたユーザーのWebサイト上の行動を把握することで、最適な営業アプローチを図ることができます。

Webアクティビティとは

フォームから問合せ・資料請求をする、ページを閲覧する、メールを開封する、リンクをクリックするというようなWeb上の行動をさします。

ユーザーのWebアクティビティを知ることで、検討状況や確度を把握し、適切なタイミングでアプローチすることが可能となります。

Webアクティビティを「増加」させる

まずは、MA(マーケティング・オートメーション)を活用して、見込み客のWebアクティビティを増やしましょう。

Webアクティビティを増やすために、まず貴社が解決できるターゲットのニーズ・課題を整理して、その解決のために役立つ情報をメールで提供していきます。

【関連コンテンツ】

Webアクティビティを増加させるための
「MA×メールマーケティング」

Webアクティビティを「把握」する

MA(マーケティング・オートメーション)を活用してWebアクティビティを把握する目的は「ユーザーが持つニーズや保有している課題が何か」ということを知ることです。

閲覧ページ数や滞在時間を把握しているだけでは、商談創出のためのアプローチに有効活用することはできません。ユーザーが知りたいと思っていることを把握できるオウンドメディアの設計とコンテンツ準備が欠かせません。

【関連コンテンツ】

Webアクティビティを把握して商談創出に活かす
「MA×インサイドセールス」

Webアクティビティを
増加・把握できる
BtoBマーケティングを始めましょう。

オウンドメディア構築・運営から、MA運用まで。
半年間でWebアクティビティ増加&把握の仕組みを構築。

  • 活動ガイドラインの作成
  • オウンドメディアの構築
  • オウンドメディア用コンテンツの制作・更新
  • MAを活用したメールマーケティング
  • Webアクティビティの評価と抽出
  • KPIレポートの作成・改善施策の立案
詳しくはこちら

お問合せ・資料請求

BtoBマーケティングに関して
お気軽にご相談ください。

お問合せ・資料請求

お電話でお問合せ
03-5312-6833
平日9時〜18時